本日 36 人 - 昨日 2537 人 - 累計 3087294 人
  • 記事検索

RSS

下山困難だから一緒に乗せて

 滑落しヘリで救助された同行者の男性が、下山が難しいから自分も乗せてほしい。

 一昨日、福島県の磐梯山で東京都の40代女性が、山頂付近から300メートル滑落し重傷を負い、福島県の消防ヘリで救助された。

 ここまでは珍しいことではありませんが、女性の同行者で滑落を目撃し通報した男性が、「下山が難しい」と話しヘリで救助されたという。

 要救助者が2人になれば、救助に要する時間も2倍となる、ヘリの重量も1人分重くなるわけで、それだけリスクが増すことになる。(なお、救助が1回か2回かはわかっていないため推測です)

 この時期の山岳を甘く見てはいけない。この時期の雪も想像以上に滑ります。下山できるかどうかは、登っている時に見極めてほしいものです。


関連記事
消防防災ヘリ「アルプス」山岳救助57件 (01月26日)
雨の白馬大雪渓で2人が重傷 (08月19日)
北ア大天井岳で単独女性が遭難 (06月22日)
秋田森吉山で7人遭難 (10月10日)
三日ぶりに救助 (09月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):