本日 182 人 - 昨日 2457 人 - 累計 2410633 人
  • 記事検索

RSS

無届登山者に5万円の過料

 岐阜県は、登山届を提出しないで西穂に登山した男性に、5万円の過料を課したようだ。

 岐阜県は、同県山岳遭難防止条例で、北アルプスなどに登山する場合は、登山届を義務付けているが、無届で西穂高岳に登山し遭難した男性に、先ごろ5万円の過料を課したことを明らかにした。

 過料の決定を下されたのは、今年三月に西穂高岳に登山中に滑落しケガを負い、長野県消防防災ヘリコプター「アルプス」に救助された愛知県在住の70代男性と思われる。

 この過料適用は、条例施行後初となる。


関連記事
猿を追い払い雷鳥を守る (06月18日)
千畳敷上部はアイスバーン状態 (12月31日)
パワースポット「分杭峠」 (09月30日)
富士山で児童の半数が高山病 (06月27日)
雨飾山西側の尾根に亀裂多数 (05月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):