本日 570 人 - 昨日 2602 人 - 累計 1749887 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

御嶽山規制区域登山者書類送検

 御嶽山の立入規制区域に入った登山者の男性が書類送検されました。

 昨年9月に、御嶽山の王滝口登山口から入山し、剣ヶ峰まで登った大阪府の50代の男性が、3月23日、長野県警により書類送検されたことがわかった。

 男性は、立ち入りできないことを知っていて入山し、規制区域内の写真をネットに投稿したことで発覚し、摘発された。
 規制区域内に立ち入ることは、災害対策基本法違反となる。

 2015年6月にも、入山規制区域に無断で立ち入り、災害対策基本法違反の疑いで書類送検された大阪府の40代男性が書類送検されたが、その後、情状を酌量で起訴猶予となっている。

 この男性も、規制区域内の写真をネットに投稿し発覚した。

 偶然だが2人とも大阪府在住の男性だった。


 入山規制を守れない人は、山に登る資格なし。法律を守ることは基本です。


関連記事
登山中に二人が急性心不全に (07月05日)
蓼科山荘で男性病死か (10月12日)
阿弥陀岳下山中に80代遭難 (09月30日)
宝剣岳の滑落事故 (04月03日)
10月の遭難21件死者行方不明4人 (11月05日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):