本日 1750 人 - 昨日 3618 人 - 累計 1549220 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

信州は中南部で大雪か

長野県中南部は、夕方にかけて大雪になる見込み。

長野地方気象台は3月21日、大雪に関する長野県気象情報第3号を発表しました。

 それによると 

 中部と南部では、21日夕方にかけて、大雪となる見込み。大雪による交通障害に注意。

 低気圧が四国の南海上にあって、21日は急速に発達しながら本州の南岸を東北東へ進む見込み。このため、県内では広い範囲で雪が降り、中部と南部では、21日夕方にかけて、大雪となる見込み。

[降雪量の予想]
 21日6時から22日6時までの24時間降雪量は、いずれも多いと
ころで、
  北部 長野地域山沿い         :25センチ
     長野地域平地          :15センチ
     中野飯山地域          :25センチ
     大北地域山沿い         :25センチ
     大北地域平地          :15センチ
  中部 上田地域の菅平周辺       :30センチ
     上田地域の菅平周辺を除く地域  :10センチ
     佐久地域            :15センチ
     松本地域の聖高原周辺      :15センチ
     松本地域の聖高原周辺を除く地域 :10センチ
     乗鞍上高地地域         :15センチ
     諏訪地域            :15センチ
  南部 上伊那地域           :10センチ
     木曽地域            :15センチ
     下伊那地域           :10センチ

 21日夜は、冬型の気圧配置となり、北部中心の降雪となる見込み。
 北部と菅平周辺では、この後も断続的に雪が降る。

 
 南部では冬用タイヤから履き替えてしまった方もいるのではないでしょうか。湿った雪も滑ります。運転には十分な注意が必要です。気を付けてください。

 春は一足飛びにはきませんね。まだ3月中旬ですから、、、。


関連記事
信濃美人の世話をしています (10月17日)
今年の初氷は2週遅れ (10月13日)
どんどん焼きのいろいろ (01月12日)
黄色い八重のプリムラ (12月13日)
昨日より冷え込む (01月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):