本日 1793 人 - 昨日 4015 人 - 累計 1541089 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北ア西穂高岳で滑落事故2件発生

 北アルプスの西穂高岳では、2件の滑落遭難が発生し、2人が重傷を負う事故が発生した。

 3月4日、北アルプスの西穂高岳で滑落事故が相次いで発生したようだ。

 1件目は、独標付近で登山者が滑落するところを、別の登山者が目撃し通報。滑落した男性は愛知県在住の70代男性で、長野県警のヘリコプターで救助されたが左腕を骨折する重傷。

 2件目は、ピラミットピーク付近で、韓国人の50代の登山者が滑落しヘリで救助されたが、肋骨を折る重傷を負った。

 いずれも命に別状はないようですが、独標の滑落は100m滑落したという。本当に命に別状なく良かった。

 3月に入り、天気が良くなると入山者が一気に増えますが、雪の状況は日々、あるいは時間により変化します。適時適切な判断が必要となります。
 また、ギアーとそれを適切に使いこなす技術も必要です。十分に注意していください。


関連記事
荒船山の男性は無事救助 (05月19日)
単独男性 八ヶ岳で遭難か (01月24日)
対馬の韓国人三日ぶりに救助 (09月08日)
GW信州の山岳遭難まとめ (05月10日)
五竜岳で心肺停止の男性発見 (05月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):