本日 450 人 - 昨日 2457 人 - 累計 2410901 人
  • 記事検索

RSS

自民党ヘリ有料化条例案提出

 埼玉県の防災ヘリによる山岳救助を有料化する条例案を、自民党が提出した。

 3月2日、開会中の埼玉県議会に、予てから話題となっている防災ヘリ有料化条例案が提出された。

 ヘリを有料化する条例案を提出したのは自民党埼玉県連で、ヘリコプターによる山岳救助を有料化するための条例改正案を提出。

 埼玉県内で山岳遭難し、埼玉県の防災ヘリで救助されると5万円程度手数料を払うことになるという。
 金額を含め細かい部分は、条例施行規則などで定められるだろうが、実際に苦労するのは事務方であろう。これからの方が大変だ。

 条例は、自民党が過半数を握るため賛成多数で成立する見込みで、今のところ今月27日の可決成立が有力だ。

 なお、施行は1年後の平成30年1月の予定。


関連記事
涸沢で氷張る (09月03日)
信州へのスキー客は微増 (07月10日)
冬期閉鎖解除早まる (04月20日)
「実践!にっぽん百名山」MCは工藤夕貴 (04月09日)
第18回上高地閉山式 (11月13日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):