本日 542 人 - 昨日 1853 人 - 累計 1882709 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

焼額山山頂は静かな雪原が広がる

画像 真っ白な広い雪原の焼額山山頂から始まるクラシック・スキーツアーコース。

 長野県山ノ内町の志賀高原にある焼額山(標高2009m)の山腹には、長野オリンピック男女回転競技が行われた焼額山スキー場と、皇太子一家が毎年スキーに訪れる奥志賀高原スキー場がある。

画像 それぞれのスキー場のゴンドラを使えば難なく山頂にたどり着ける。山頂は噴火で出来た火口に水がたまった「稚児池」(ちじいけ)があり、湿原が広がっており木道が整備されている。

 冬季のこの時期は、池も湿原も真っ白な雪の下になり夏の地形は全く分からない。ほとりにある鳥居も今年の大雪でまったく姿がない。


画像 焼額山山頂から始まるクラシック・スキーツアーコースがある。「竜王越え」という全長7キロに及び標高差は千メートルを超える。
 山頂附近のコース沿いには、かなり年季の入ったツアーコースの案内板が今も残る。これを目印に滑り降りればいいのだろう。

 今季も山頂付近で山スキーの遭難者が発生したが、雪の山頂はとにかく広く平らだ。視界が利かなければ方向を見失うだろう。
 距離は近いはずだが、スキー場のリフトの音など一切聞こえない。ドコモのスマホを場所によっては不通である。

画像 この「竜王越え」のスキーツアーコースは、焼額山山頂を起点に竜王山を越え、難所の蟻の門渡りを経由し困る山に至る。蟻の門渡りに常に救助用ロープが備えつけられているというから気を付けてほしい。

 このコースは、昨シーズンは雪不足で公式には解放されなかったようだが、今シーズンは先日開放されたた。雪はたっぷりある。鳥居が隠れるくらいだから3mはあるだろう。

 ツアーをされる場合は、奥志賀高原スキー場の第4リフトに届出をして、雪山装備で臨んでほしいもの。ガスがかかっていたり、降雪で視界の悪い日は絶対に止めましょう。


関連記事
浅間山外輪山を縦走 (05月17日)
それぞれの山行 (06月12日)
志賀高原寺小屋峰で滑る (02月29日)
2日連続で登りたい鴨ヶ岳? (04月20日)
冬の八ヶ岳へ進入 (01月25日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):