本日 3434 人 - 昨日 4259 人 - 累計 1531558 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北海道ニセコで雪崩外国人ら2人死傷

 北海道のニセコアンヌプリ岳で雪崩が発生し、外国人の男性2人が巻き込まれ、1人が死亡1人が重傷を負った模様。

 2月25日、北海道倶知安町のニセコアンヌプリ岳で大規模な雪崩が発生し、スノーボードをしていた外国人と日本人が巻き込まれた。

 巻き込まれたニュージーランド人の30代男性は、仲間に救出されたがその後死亡が確認され、日本人の30代の男性も軽傷を負ったという。

 雪崩が発生した一帯は、通称「春の滝」と言われ立ち入り禁止地域だという。

 雪崩の規模は、幅約200m長さ350mと言われている。


 千畳敷の雪崩情報をお伝えしたばかりですが、今季は積雪量が多い上に、降雨や気温上昇により、各地で雪崩が発生しやすくなっている。規模も例年以上のようです。

 気を付けてください。

 亡くなられた男性のご冥福をお祈りします。
 


関連記事
信州山岳緊急事態 遭難死者1日で3名 (08月08日)
岩へ飛び移り失敗で骨折 (09月04日)
長野旭山で中学生滑落 (04月25日)
単独男性 八ヶ岳で遭難か (01月24日)
週末 山岳遭難が相次ぐ (05月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):