本日 2491 人 - 昨日 3095 人 - 累計 1746608 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

積雪期に要求されること

 積雪期に要求されるものは何か。無雪期と積雪期の一番の違いは、道があるか無いかだ。

 長野県山岳総合センターの杉田所長曰く、

 「積雪期は、道や標識・ハシゴ・鎖などの人工的補助がほとんど雪に隠れてしまうし、小屋も営業していないことが多いため、無雪期は易しい山でもいきないバリエーションルートになってしまうのです。」という。

 また、積雪期は「気象条件が格段に厳しい。冬は偏西風が強い上に標高が高いほど風は強いので、冬の稜線は低温と強い風にほぼ常時晒される。」という。
 まさに仰る通りで、これが分からないで安易に冬山に入山すべきでない。

 所長は、真冬の八ヶ岳連峰赤岳の文三郎尾根を登山中。初めてアイゼンを付けたという単独登山の30代の女性に出会い、説得して下山させたというが、世の中にはいろんな人がいる。

 夏の穂高連峰にも、登山が二度目と言う女性が登ってきた。1回目はなんと高尾山だったという登山者もいたという。

 本当に山の怖さを知らないと言うのは、周りがびっくりするほど大胆な行動をとる。
 単独で計画して行動してしまう人は、相談する人も、止める人もいないのかもしれないが、、、。


 所長は積雪期の登山について、次のとおりアドバイスをする。

 無雪期では、体力・知識技術・判断力のうち、体力の要素が一番大きいのに対し、積雪期は、体力はもちろん、知識技術・判断力の全てが要求される。

 積雪期に要求される主な知識技術は、
1 ピッケルとアイゼンで、堅い雪面でも転ばず登下降する
2 滑落や雪崩をさけて安全な登下降ルートを選択する
3 地図・コンパス・GPSなどを使って、迷わず目的のルートを歩く
4 悪天候を予測し遭遇しないような行動をとる
5 低温下でも凍傷などにならず体調を維持する
 
 知識は机上で身につけることが出来ますが、技術は山に行って練習しないと身につかいない。
 判断力は失敗を含む多様な登山経験を通してしか身につけることができない。これを見落として雪の山に行くと痛い目に遭ってしまうと、、、。

 このアドバイス真摯に受け止めましょう。


関連記事
中ア千畳敷スキー場がオープン (04月26日)
白馬三山は雪景色 (10月18日)
北ア夏山常駐隊の結隊式が行われる (07月13日)
消防防災ヘリ有料化議論 (04月18日)
穂高で積雪10センチ (11月02日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):