本日 573 人 - 昨日 6442 人 - 累計 2603818 人
  • 記事検索

RSS

11月登山届提出者11,417人

 長野県の条例に基づく登山計画書の提出は、11月に5,719件で11,417人だったことがわかった。

 長野県登山安全条例により、平成28年7月より登山計画書の提出が義務付けられているが、平成28年11月の提出状況が分かった。

 届出件数は5,719件、登山者は11,417人となっている。
 ポストへの提出者が81%と断トツで、先月に続き8割を超えた。見なし提出となる「コンパス」は、9.4%と伸び悩んでいる。

 やはり登山届は、入山時にポストへ提出するのが馴染みがあるのかもしれない。リアルな情報を基に最終確認の上投函できるのもいいのでしょう。

 11月の登山届提出者は1万ということだが、これは10月の五分の一、ピークの8月の1割程度。さすがに入山者が少なくなっているようだ。


関連記事
藤井フミヤの”憧れる山、大山”を見て (01月10日)
カレンダーが当たった (12月21日)
涸沢に向かう登山道上部で崩落 (06月19日)
公開セミナー「岳都の自然、今とこれから」 (12月02日)
おっ、1000アクセスだ! (12月11日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):