本日 1094 人 - 昨日 2221 人 - 累計 3077906 人
  • 記事検索

RSS

植村直己氏が消息を絶って33年

db86e3716d46c2beb6b2656dd425ca65283ea710v_4504194 33年前、冒険家植村直己氏は冬のマッキンリーで消息を絶った。

 植村直己氏は、1941年2月12日兵庫県で生まれた。
 明治大学に入学、山岳部に入部してから登山に没頭する。大学卒業後は、アメリカやフランスで登山資金を稼ぐため苦労したようだ。

 1965年、明大隊でチョ・オユーII峰の登頂を果たし、その後次々と名峰の登頂を果たしていく。

 1970年8月26日、マッキンリーの単独登頂を成功させ、世界初の五大陸最高峰登頂者となる。

 その後、1978年には犬ぞりによる人類史上初の北極点単独行に成功した。

 植村氏の43歳の誕生日にあたる1984年2月12日、世界初のマッキンリー冬期単独登頂を果たすも、翌日の交信を最後に音信不通となった。
 その後捜索も行われているが、未だに発見には至っていない。

 1984年4月19日、国民栄誉賞を受賞している。
 

 ※画像は、植村直己氏が生前愛用していたザック。


関連記事
NHKBSドラマ『山女日記』エキストラ急集 (09月11日)
中ア千畳敷はスケートリンク (03月06日)
小串鉱山企画展「永遠なる小串」 (10月08日)
アルペンルート長野県民感謝月間 (09月16日)
湯股温泉への登山道完全復旧 (09月03日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):