本日 1993 人 - 昨日 2963 人 - 累計 2212835 人
  • 記事検索

RSS

北海道で韓国人高校生不明

 北海道富良野市のスキー場で、スキーをしていた韓国人の男子高校生と連絡が取れなくなっている。

 信州での外国人のバックカントリー滑走では、遭難が相次いでいますが、今度は北海道で発生した模様。

 読売ニュースによると、

 11日午後7時10分頃、北海道富良野市の富良野スキー場で、旅行で訪れていた韓国人の男性会社員(47)から「息子と連絡が取れなくなった」とホテル従業員を通じて110番があった。

 連絡が取れないのは高校生(K)さん(18)。道警富良野署は(K)さんが遭難したとみて、12日朝から道警山岳救助隊やスキー場のパトロール隊で捜索する。

 発表によると、2人は9日から北海道を訪れ、11日は午前9時半頃からスキーをしていた。午後1時半頃、待ち合わせ場所を決めて別れたが合流できず、午後2時半頃に父親がトランシーバーで連絡したところ「これから降りる」と返事があったが、その後、連絡が取れなくなったという。

 以上、読売新聞2/12 1:48配信

 ※高校生の氏名は、報道では実名ですが、匿名とさせていただきます。


関連記事
ロシアで日本人添乗員滑落 (07月16日)
北岳で遭難の男性収容 (04月24日)
H29 東京都山岳遭難発生状況 (03月10日)
槍ヶ岳で滑落 重傷 (05月06日)
涸沢岳で青年滑落 (10月22日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):