本日 854 人 - 昨日 3283 人 - 累計 1536135 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

信州10日明け方から昼過ぎ大雪

 今回の寒波による信州への雪影響は、10日明け方から昼過ぎにかけて、北部山沿いと中野飯山地域で大雪になる見込み。

 長野地方気象台が発表した「大雪に関する長野県気象情報 第2号」によると、

 10日は西日本から東日本の上空約5000mに氷点下39度以下の寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる。このため、10日明け方から10日昼過ぎにかけて、北部の山沿いと中野飯山地域を中心に大雪となる。

 この強い冬型の気圧配置は12日頃にかけて続く見込み。

《雪の予想》
 9日18時から10日18時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で、
  北部 大北地域山沿い    :40センチ
         平 地    :10センチ
     長野地域山沿い    :30センチ
         平 地    :10センチ
     中野飯山地域     :40センチ
  中部 乗鞍上高地地域    :15センチ
     松本地域の聖高原周辺 :15センチ
     上田地域の菅平周辺  :20センチ
  南部 木曽地域       :10センチ
     その他の地域     : 5センチ未満 以上が降雪の見込み

 来週、白馬八方尾根スキー場では冬季国体が行われます。あまり降雪があると、コースコンデションづくりに支障をきたします。ほどほどにしてほしいものです。

 それにしても、西日本の予想は大変なことになっています。不要不急の外出は避け、食料など備蓄も必要ではないでしょうか。車にも、飲料水と非常食はあった方が良さそうです。


関連記事
信州高山村も豪雪 (02月17日)
富士山遭難多発で山梨県が警告 (01月27日)
震災復興住宅で雪の下敷きになり亡くなる (12月21日)
長野県内火災発生件数減少 (03月14日)
雪未だ降り止まず 歴史的豪雪 (12月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):