本日 1693 人 - 昨日 3310 人 - 累計 1742715 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

西日本は大雪厳重な警戒必要

 9日から12日頃にかけて、強い冬型の気圧配置となる影響で、西日本の日本海側を中心に大雪となる見込みです。

 8日、国土交通省は気象庁と合同で「大雪に対する国土交通省緊急発表」を発出しました。

 それによると、

〇9日か12日頃にかけて、強い冬型の気圧配置となる影響で、西日本の日本海側を中心に大雪となる見込み。
 普段雪の少ない西日本の太平洋側や東海地方の平野部でも積雪のおそれがある。
〇大雪による立ち往生等に警戒が必要。
〇不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、冬用タイヤ
やチェーンの早めの装着をお願いする。

 とドライバーに対し呼びかけています。

 大雪が予想される地方へのお出かけは控えた方がよさそうです。道路の大渋滞や立ち往生など大変危惧されます。ここは過去の教訓を生かしてください。

 10日18時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも山沿いの多い所で、
  関東地方北部・甲信地方30~50センチ
  東海地方40~60センチ
  近畿地方50~70センチ
  中国地方60~80センチ となっています。

 この予想通りだと、西日本は大変なことになりそうです。厳重な警戒が必要です。注意してください。


関連記事
全国消防操法大会長野開催 (10月30日)
大変な大雪です (01月17日)
長野北部地震から半年 (05月21日)
長野県消防ポンプ操法大会が開催 (07月24日)
全島避難の三原山大噴火より30年 (11月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):