本日 1627 人 - 昨日 2559 人 - 累計 1977306 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

横手山連日の外国人遭難

 志賀高原の横手山で、また外国人の遭難騒ぎがあった。

 2月5日、志賀高原の横手山スキー場で、20代と30代のオーストラリア人の男性2人が、スキー場外に出てスノーボードを滑っていて道に迷い遭難、救助を求めたという。

 2人は、遭対協などの捜索により午後7時ごろ、群馬県側で救助されたとのこと。

 本当に無事で良かったのですが、連日の外国人による遭難騒ぎとなった。どこのスキー場でも外国人スキーヤー増え、日本のルールの徹底が課題となっている。


関連記事
妙高のバックカントリー2人不明 (01月03日)
大学生遭難時はホワイトアウトだった (03月25日)
野沢温泉外国人3人遭難騒ぎ (03月23日)
北岳の遭難男性のみ救助 (01月02日)
吾妻連峰の大量遭難から23年 (02月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):