本日 3482 人 - 昨日 7185 人 - 累計 2587870 人
  • 記事検索

RSS

立春の根子岳に舞う

菅平高原と北ア5177 花の百名山も今は一面の銀世界です。この日の眺望も素晴らしいものでした。

 信州菅平は寒さで有名で、降雪は大したことはないのですが、今年は別だ。

 年が明けてから、菅平地方は大雪警報が連続した。根子岳山麓のダボスエリアは、多いところは2mを越えているかもしれない。

信越国境5056 積雪が多い時こそ楽しめるのが根子岳の山スキーである。標高2207mからの滑走は他では味わえないもの。斜度が緩いので、スキー技術がそれほどいらないので、山スキー入門には最適。

 奥ダボスのスキー場頂上からは、雪上車の「スノーキャット」を利用するか、自分の足で登るかいずれかだ。



中間点5112 雪上車を利用すれば25分で頂上直下へ、歩く場合のスタイルも様々で、山スキーで登る者、スキーやボードを背負いスノーシューで歩く者、中にはスキーを背負いスキー靴で登る者もいるが、これは根性がいる。

 スキーができない者は、そりを持っていたり、往復スノーシューとなる。歩いて下るのはちょっときつい。




根子岳山頂5176 立春の根子岳山頂は、冬晴れとなった。風もなく根子岳にしては珍しい。それでも体感温度は氷点下10℃はあったかもしれない。
 山頂は風が強いため雪が付いていない。






菅平高原と北ア5177 この日は、北アの全山、剱立、富士、信越・上越国境の山、御嶽、遠くは関東の山も見えていた。広く晴れわたった証拠。
 冬ならではの贅沢な景色。




滑走ルート5090 下山は、約4キロというが、一気に滑れば4分程度下山してしまうだろうが、じっくり自然を満喫して、粉雪を板で感じて滑り下りる。

 昼前には下山し、昼食は自宅でいただく。近くにこんな素晴らしい山があるのは本当に幸せなことだ。
 


関連記事
お待たせしました雁田山! (12月29日)
谷川岳「西黒尾根」踏破 (07月26日)
本白根山ぶらり山歩 (10月19日)
今年の一万尺は「仙丈」「乗鞍」 (12月13日)
蓼科山の大パノラマ (10月21日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):