本日 862 人 - 昨日 3283 人 - 累計 1536143 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

向こう一週間雪だるま並ぶ

 信州の向こう一週間の天気は、雪が降る日が多い予報。

 立春は過ぎたものの、春はまだはるか先だ。

 今日発表となった関東甲信地方の向こう一週間の天気予報によると、

 高気圧に覆われて晴れる日が多いが、期間の中頃に低気圧の影響で雨や雪の降る日がある。
 長野県北部と群馬県北部は、寒気の影響で雪の降る日が多い見込み。
 10日頃は強い冬型の気圧配置となるため、長野県北部と群馬県北部では大雪となるおそれがある。

 以上、気象庁発表

 また、週末に大雪予報。土日も天候は良くないらしい。


関連記事
上信国境はかなりの残雪 (04月27日)
雪に覆われた旧知事公舎 (02月03日)
信州高山産「サンふじ」 (11月29日)
全日本スキー技術選手権開幕 (03月08日)
立春とは名ばかり (02月04日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):