本日 3433 人 - 昨日 4259 人 - 累計 1531557 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

神楽ケ峰で遭難の外国人8人無事

 新潟県湯沢町の神楽ケ峰で、外国人8人が遭難したが、全員が自力で長野県側へ下山した。

 新潟県の神楽ケ峰でバックカントリースキー中に遭難した外国人8人が、県境を越え長野県栄村の秋山郷に自力で下山した。

 遭難していたのは、ドイツ人7人とフィンランド人1人の合わせて8人。

 8人は昨日(1/30)、湯沢町のスキー場から標高2,030mの神楽ヶ峰に日帰りの予定で入山したが、夜になっても宿に戻らないことから知人が通報した。

 今日午前9時頃、8人のうち7人が神楽ヶ峰から県境を越え、およそ6キロ離れた栄村秋山郷のセメント会社に助けを求めた。

 もう1人はスキー場に止めてあった車を取りに行くため、ヒッチハイクで新潟県に戻る途中、警察に保護されたという。

 昨夜、県北部は大雪警報が出され、けさの秋山郷の積雪は190mになっていたという。

 以上、SBCが伝えている。

 神楽ケ峰では、1月10日に入山した男性2人が未だに発見されていない。今回は本当に無事で良かったというもの。一歩間違えば、見つからなかったかもしれない。


関連記事
積丹岳遭難救助事故裁判の弁護士の主張 (12月25日)
剣岳で男性滑落死 (05月06日)
北ア 奥穂高岳で4人が救助要請 (06月29日)
北ア ジャンダルムで滑落 (09月11日)
秋田森吉山の男性の捜索打切り (02月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):