本日 2056 人 - 昨日 2436 人 - 累計 3076647 人
  • 記事検索

RSS

消防防災ヘリ「アルプス」山岳救助66件

 平成28年中の長野県消防防災ヘリコプター「アルプス」の活動実績が発表となった。全出動件数は111件で、その内87件が救助活動だった。

 長野県消防防災ヘリ「アルプス」は導入後まもなく20年をむかえる。この間、「アルプス」は何人もの命を救ってきたことは旧知の事実。信州の山岳救助にはなくてはならない存在である。

 今回公表された平成28年の活動実績は111件で、そのうち87件が救助活動となっている。
 全出動件数は前年より約1割(11件)増えた。

 救助件数のうち、山岳救助に関わるものが66件で前年より9件増えた。これは三年連続の増加となる。(平成26年は42件)

 平成28年出動実績の内訳は次のとおり

■救助活動 87件
   ◇山岳救助 66件 
■火災   12件
■災害    7件
■救急活動  5件


関連記事
H28長野県消防ラッパ吹奏大会須坂市奪還 (08月01日)
十勝岳臨時火山情報 (06月17日)
雌阿寒岳噴火警戒レベル2へ引上げ (11月23日)
降り過ぎです (01月15日)
上信越道四車線化進む (12月14日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):