本日 435 人 - 昨日 2598 人 - 累計 1747150 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

白馬乗鞍岳山スキーで遭難

 北アルプスの白馬乗鞍岳に山スキーのため入山した男性が遭難し、救助を待っている。

 遭難したのは兵庫県在住の60歳の男性で、昨日(22日)、日帰りの予定で入山し滑走中に道に迷い遭難。

 昨夜は、雪洞を掘ってビバークしたが、今朝になって雪で身動きできなくなり、自ら救助要請したという。

 男性は、標高1900m余りの鵯峰の北側を滑っていて道に迷ったというが、登山届は出ていないとのこと。

 昨日は、長野県北部に大雪警報が出ていた。あまりにも無謀ではないか。今日は地上から遭対協や警察が救助に向かったが、発見に至っていないようだ。

 天候が悪く空からの救助ができない状態が続く。明日の天候が危惧されるが、早急に発見救助されることを祈ります。


関連記事
「聖職の碑」から百年 (12月11日)
信毎「あんぜん登山の最前線」 (03月24日)
蓼科山頂ヒュッテで骨折 (05月14日)
疲労で下山できない高齢者三人を相次ぎ救助 (08月07日)
先週も中アで滑落事故 (03月30日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):