本日 210 人 - 昨日 2436 人 - 累計 3074801 人
  • 記事検索

RSS

中ア木曽駒ヶ岳で男性遭難か

 中央アルプスの木曽駒ヶ岳に入山した30代の男性が行方不明となっている。

 NHK長野のニュースによると、

 木曽駒ヶ岳に登山に出かけたとみられる奈良県の36歳男性の行方が分からなくなっているという。

 男性は、今月16日の夜、会社の同僚に「17日に日帰りの予定で1人で木曽駒ヶ岳に行く」と伝えたあと連絡がなく、19日になっても出勤しないことから同僚が警察に届け出た。
 登山届は提出されていないという。

 警察は、ヘリコプターで2度にわたり木曽駒ヶ岳周辺を捜索したが手がかりはみつからず、男性が遭難した可能性があるとみて調べているようだ。

 中央アルプスでは、先月、1人で木曽駒に入山した男性も行方不明のままとなっている。
 今回は積雪も増え、20日現在の積雪は3m30㎝とかなり多い。これから天候が崩れるだけに安否が心配である。


関連記事
西穂高岳で男性が滑落し亡くなる (08月05日)
八ヶ岳連峰の赤岳で滑落 (04月07日)
GW山岳遭難死者過去2番目の多さ (05月14日)
小型機発見呼び掛けに応えず (06月04日)
信州のスキー場衝突事故多発 (01月05日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):