本日 578 人 - 昨日 3970 人 - 累計 2896509 人
  • 記事検索

RSS

天気予報の時間帯

 天気予報の時間は、いったいどの時間帯を指しているのか?

 天気予報では、「明け方」まで雪、その後「昼前」までくもりなどと発表になる。

 ではいったい、「明け方」、「昼前」とはどの時間帯を指すのか。
 感覚的には分かっているでしょうが、これはっきりと決められているののです。

 気象庁の解説では、一日の時間の分け方(時間帯の呼び方)を次のとおり決めている。
 
【未 明】0時~3時頃まで
【明け方】3時頃~日の出頃まで
【 朝 】日の出頃~9時頃まで
【昼 前】正午の前、3時間くらい(9時頃~12時)
【昼過ぎ】正午の後、3時間くらい(12時~15時頃)
【夕 方】15時頃~日没頃まで
【夜のはじめ頃】日没頃~21時頃
【夜遅く】21時頃~24時頃

 以上です。


関連記事
富士山火山ガイドマップ (02月04日)
信州山火事多発緊急事態 (04月05日)
山梨県新型防災ヘリ新機体導入 (08月24日)
蔵王噴火警戒レベル2へ引上げ (01月31日)
信州台風の影響で大雨に (09月16日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):