本日 72 人 - 昨日 3130 人 - 累計 1550672 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

長野県「北部山沿い」ってどこ

 長野県で発表される天気予報で、北部の「山沿い」とはどこを指すのか?

 長野地方気象台が発表する天気予報では、「北部の山沿いでは、最大で〇センチの雪が降る見込み」などと予報がでることがあるが、では「山沿い」とはどこを指すのか。

 「山沿い」がどこを指すかなど、予報で使われる言葉や用語を理解していないで、天気予報を聞いていても役に立たない。

画像 左の図をご覧いただきたい。「北部山沿い」は地図で表すと、青い部分が「北部山沿い」地域という。

 長野地方気象台の解説では、
 「山沿い」という用語は、冬期間(11月頃~3月頃まで)の降雪のみを対象に使用し、「長野地域」の一部(長野市の一部(旧戸隠村・旧鬼無里村)、高山村の標高800m以上の地域、飯綱町、信濃町、小川村)及び「大北地域」の大部分(小谷村、白馬村、大町市の標高800m以上の地域)を「山沿い」と呼称するとなっている。 

 標高に限らず全域を指す市町村(地域)と、800m以上の地域を指す市町村があるということ。

 山でなくても、信濃町や白馬村などは全域が「山沿い」と呼ぶのである。
 また、「中野飯山地域」は「山沿い」地域に含まないのだ。

 ついでに、長野県の天気予報で発表される区域は、どの市町村が含まれているのか。これは県民であればある程度分かっているだろうが、別添ファイルの地図のとおり別れている。これは基本です。
 信州の山に登るなら頭に入れておいてほしい。
◆長野県地域細分図


関連記事
長野県内 台風接近注意 (10月05日)
H28長野県消防ラッパ吹奏大会須坂市奪還 (08月01日)
長野県北部まとまった雪 (12月30日)
大変な大雪です (01月17日)
明日は「長野県消防救助技術大会」 (06月20日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):