本日 438 人 - 昨日 2598 人 - 累計 1747153 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

八ヶ岳で発見男性は神奈川県在住

 先日、八ヶ岳連峰の2200m付近の登山道わきで倒れていた男性は、身元がわかりましたが、その後死亡が確認されています。

 1月3日、八ヶ岳連峰の2200m付近で、通りかかった登山者の女性が登山道脇でCPA状態で倒れている男性を発見しました。

 身元は分かっていませんでしたが、神奈川県在住の58歳男性と判明したようです。

 男性が倒れていたところは、高見石小屋近くの登山道の脇ということも分かりました。
 
 男性はその後死亡が確認されましたが、死因は低体温症だったようです。

 ご冥福をお祈りします。



関連記事
涸沢登山道で横浜の男性滑落 (07月18日)
高山村タケノコ遭難者見つかる (06月24日)
遭難事故のガイドに禁固3年求刑 (03月02日)
滑落したときのケガが致命傷に (08月23日)
ツアー登山のガイドが遭難か? (05月28日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):