本日 191 人 - 昨日 2436 人 - 累計 3074782 人
  • 記事検索

RSS

八ヶ岳で発見男性は神奈川県在住

 先日、八ヶ岳連峰の2200m付近の登山道わきで倒れていた男性は、身元がわかりましたが、その後死亡が確認されています。

 1月3日、八ヶ岳連峰の2200m付近で、通りかかった登山者の女性が登山道脇でCPA状態で倒れている男性を発見しました。

 身元は分かっていませんでしたが、神奈川県在住の58歳男性と判明したようです。

 男性が倒れていたところは、高見石小屋近くの登山道の脇ということも分かりました。
 
 男性はその後死亡が確認されましたが、死因は低体温症だったようです。

 ご冥福をお祈りします。



関連記事
八方尾根ゴンドラから転落死 (11月06日)
首を骨折しても自力で下山 (05月01日)
友人に連絡せず遭難騒ぎ 甲武信岳 (06月22日)
北ア常念岳で男性滑落 (05月11日)
阿弥陀岳雪崩起きやすいと考えず (03月17日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):