本日 1150 人 - 昨日 2294 人 - 累計 2204530 人
  • 記事検索

RSS

信州のスキー場衝突事故多発

 信州のスキー場で、衝突事故が多発している。

今シーズンに入って、これまでに少なくとも6件の衝突事故が発生し、9人が重軽傷を負っている。

事故の詳細は、別表をご覧ください。

これは例年にないことである。

北アルプス山麓の白馬、大町のスキー場での事故が多いように感じる。

事故が多い原因は、深刻な雪不足と固いバーンにあるようだ。

白馬村の八方尾根、小谷村の栂池スキー場など主要なスキー場でも雪不足が深刻で、全面滑走可能となっていない。

ゲレンデ下部は雪がなく、スキー場上部からスキーで滑走できない状況だという。
ゴンドラで上がって、雪のある上のゲレンデで滑り、ゴンドラで戻ってこなければならない。
昨シーズンより深刻な状態だ。

シーズン前には、今シーズンは雪が降ると言った者もいたが、弁明を聞きたいところ。

スキー場では、スピードを抑え、周囲をよく確認し、安全滑走を心がけてください。
ゲレンデ中央部では、立ち止まるのも危険です。

★2016-2017シーズンのスキー事故


関連記事
西穂高岳で男性滑落 (09月12日)
常念遭難男性は小屋従業員だった (07月03日)
週末は60代男性5人死傷 (08月04日)
警察へりは救急車ではない (07月15日)
スキーリフト逆走し10人けが (03月17日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):