本日 2817 人 - 昨日 3501 人 - 累計 2484835 人
  • 記事検索

RSS

年末年始信州周辺で11件の遭難事故

 年末年始の期間中、信州及びその周辺の山岳で発生した遭難事故は少なくとも11件。
 うち3名が死亡し、1人はCPA、1人は重体。

 クリスマスから正月三が日の間に、三つのアルプス及び八ヶ岳で発生した山岳遭難は、少なくとも11件発生し、3名が死亡、1人はCPA、1人は重体、6人が重軽傷を負った。

 このほか、富士山で1人が死亡、1人がCPA、秩父では2人が死亡など、各地で遭難が相次いだ。

 主な遭難は、次の表のとおりです
 ★年末年始の主な遭難事故

 これは最近でもかなりの件数となっている。

 年末の寒波、正月は比較的天候に恵まれたが、どう影響したのか。
 この状況は非常事態です。これから入山を考えている方は、今一度、装備、メンバーの技術体力を考慮し、行程が適切かどうか、そして最終的には天候のチェックをして入山すべきです。
 登山中も適時適切な判断を下し、勇気ある撤退も視野に入れてほしいものです。


関連記事
前穂高岳で性別不明の遺体 (09月15日)
南ア塩見岳で男性滑落か (07月19日)
有罪判決の登山ガイドが控訴 白馬岳遭難 (04月25日)
八方尾根スキー場米国人不明 (02月21日)
奥穂高岳で滑落死 (04月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):