本日 1791 人 - 昨日 2503 人 - 累計 2409785 人
  • 記事検索

RSS

千畳敷上部はアイスバーン状態

 滑落が相次いだ中央アルプスの千畳敷上部は、アイスバーン状態となっているようで、細心の注意が必要。

 中央アルプスロープウェイより、12/31現在の雪面の状況について情報が発信された。

 それによると、

 八丁坂オットセイ岩から上はクラストしてアイスバーン状態となっていて、稜線上の風の通り道も同様にクラストしているという。

 これでは、しっかりしたアイゼンワーク、ピッケルの活用ができない登山者は入山を控えるべきです。

 クラスト面では、アイゼンの爪が立たないこともあります。もし、転倒でもすれば、ピッケルでも安易に停止できないかもしれません。

 自分の技術を過信しない、死亡事故が発生しています。中央アルプスを堅いバーンをなめないことです。


関連記事
長野県登山安全条例が成立 (12月11日)
登山届は「コンパス」が便利 (05月10日)
長野県警春山情報 (04月15日)
谷川岳登山指導センターが開所 (02月19日)
「今日は山の日」BSを見よう (08月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):