本日 1860 人 - 昨日 3537 人 - 累計 2987015 人
  • 記事検索

RSS

中ア八ヶ岳で滑落相次ぐ

宝剣岳山頂の岩に立つ3524 中央アルプスや八ヶ岳で滑落事故が相次ぎ、1人意識不明、2人重傷。



 年末年始の休暇を利用して、信州の山で過そうという登山客で賑わっていますが、滑落事故が3件発生したようだ。

伊那前岳中川谷2914 30日、中央アルプス伊那前岳では、2人パーティーの20代男性が、北側(黒川側)へ滑落した。
 男性は救助されたが意識不明だという。

 救助にあたっては、長野県消防防災ヘリ「アルプス」が駆けつけたが、強風で近づけなかったという。


 同日、宝剣岳では2人パーティで入山した兵庫県の30代女性が、頂上付近で滑落し右足骨折等の重傷を負い長野県警ヘリ「やまびこ」に救助された。

 中ア一帯は、先日もロープウェイが運行を見合わせるほどの強風が吹いたようで、このところ風が強かった思われる。
 千畳敷を登り乗越に出たあたりからは、地面が凍りバリバリの状態と思われる。12本爪アイゼンでも苦戦するかもしれない。十分な対策をとってください。


 さらに同日、八ヶ岳連峰赤岳では、東京都の30代女性が地蔵尾根を下山中、約50m滑落し、右肘を骨折の重傷を負ったが救助されたという。

 赤岳も風が強いところ、かなり下が固かったと思われる。文三郎尾根も雪が固いとの情報があります。

 中アも八ヶ岳もアプローチしやすことから人気がありますが、想像以上に厳しい山です。このところの冷え込みで、下が固くなっているようです。ヘルメット着用で、12本爪アイゼン、ピッケルを操れる技術がない方は入山しないことです。


 ※写真は資料です。冒頭の写真は宝剣岳。


関連記事
奥穂高岳で滑落死 (04月27日)
赤岳 心肺停止の男性の死亡を確認 (12月23日)
黒部五郎岳で遭難騒ぎ (09月09日)
奥穂高で男女二人滑落 (05月05日)
御嶽山行方不明者 今日捜索再開 (07月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):