本日 877 人 - 昨日 3283 人 - 累計 1536158 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

火山観測データをネットで公表

画像 気象庁は、火山観測データのホームページへの掲載を始める。

 御嶽山噴火災害を受け、火山情報の提供について準備を進めて気象庁は、今日(12/21)16時より、全国にある50の常時観測火山の火山観測データのホームページへの掲載を始める。

 これにより、誰でもが火山観測データを見ることができることになる。

 公表されるデータは、「日別地震回数」、「噴煙の高さ」、「活動経過グラフ」となっている。
 監視カメラの画像もリアルタイムで見ることができる。

 火山に入山する際には、是非、観測データとカメラの画像を確認し、入山の可否を含め行程などの検討に役立ててほしい。

 火山観測データは、気象庁ホームページの「各種データ資料」>「火山観測データ」で見ることができる。


関連記事
今日から「全国火災予防運動」 (03月01日)
週末以降は高温に注意 (01月24日)
弥陀ヶ原の常時観測体制が整いつつある (10月27日)
長野県内は大雨となっています (07月01日)
アルプスをバックに消防救助技術を競う (06月19日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):