本日 870 人 - 昨日 3283 人 - 累計 1536151 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

冬の木曽駒・宝剣岳はこんなところ

画像 冬の中央アルプス木曽駒、宝剣岳はこんなところ。

 先週、中央アルプスの木曽駒ヶ岳に入山した男性の消息が不明です。消防、警察のヘリコプターによる捜索や、地上からも捜索隊が出たようですが、未だに消息が不明です。

 不明の男性と思われる方とすれ違ったという男性からも情報提供をいただきました。

画像 その情報によると、中岳と木曽駒ヶ岳の間にある頂上山荘付近で、下山していく男性とすれ違ったということです。
(写真は夏の木曽駒ヶ岳から中岳方向を撮影したものです)

 その場所から、乗越浄土方向へ戻るには、中岳を越えていくか、中岳の巻道(木曽側方向へ中岳を巻く)を通行することになります。
 なお、宝剣岳に向かうには、巻道は直線的ですが、冬期にここを通行するのは大変危険です。




画像 中岳から伊那前岳方向へ向かうこともできますが、前出の目撃者の話しでは、伊那前岳方向は、スカブラでアイゼンが効きにくかったとの情報です。かなりリスクが伴います。






画像 冬の宝剣岳は、それほど雪が積らないが、常に吹きさらされ凍結しています。これまでも転落事故が発生しています。十分な注意が必要です。

 写真をよくご覧いただくと、ピークに人が立っています。決して真似をしないでください。ここで度胸を試す必要はありません。






画像 この週末、私の友人たちが、木曽駒ヶ岳へ1泊2日で入山していますが、捜索隊とは出会ったものの、新たな情報はないようです。

 




画像 彼は、中岳付近からどちらへ進み、どこへ行ったのでしょうか。







画像 大雪や積雪の不連続面が発生すると雪崩も心配されます。皆さん、本当に注意してください。



※今回使用した写真は、2014年2月に撮影したものです。


関連記事
大天井ヒュッテでスタッフを募集してます (08月08日)
「風さやか」と唐松岳 (07月13日)
細川たかしの演歌「北岳」が発売  (08月25日)
植村直己氏が消息を絶って33年 (02月18日)
今日は「富士山」の日 (02月23日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):