本日 863 人 - 昨日 3283 人 - 累計 1536144 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

中ア木曽駒で男性遭難か

 中央アルプスの木曽駒ヶ岳へ入山したと思われる男性が、行方不明となっている。

 男性は、12月5日に日帰りの予定で、千畳敷から入山する登山届が出ている模様。

 不明となっているのは、30代の男性と見られる。


関連記事
甲斐駒で亡くなったのは音楽家 (04月19日)
八ヶ岳連峰の北横岳で男性死亡 (02月25日)
登山者 増水した沢で流され5名不明 (08月16日)
松本できのこ採り男性滑落 (10月02日)
今年は大学山岳部の遭難多発 (12月15日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
 高市さま
 貴重な情報提供ありがとうございました。
| 事務局 | 2016/12/12 20:52 |
12月5日に木曽駒ヶ岳に登りました。山頂まで駒ヶ根警察の方から、情報はお聞きになったとおもいますが、登りで11時頃、乗越浄土の少し手前の急な斜面でその方が僕を追い越す時にTシャツ姿のその方が僕の服装を見て「暑くないですか?」と声を掛けてくれました。僕は「稜線に上がったらかんがえますー」と応えました。確かにポカポカ陽気で快晴無風でした。
その後、僕は乗越浄土から和合山方面へ進みましたが、クラストでアイゼン(12本爪)の爪が引っ掛かり難いので、和合山の途中で引き返しました。その後、中岳から頂上山荘に下る時、頂上山荘手前で、下山されてるその方とすれ違いました。さすがにその時はTシャツ姿ではありませんでした。サングラス越しに目があって、声は発しませんでしたが、手を上げてお互いに挨拶をしました。その方にお会いしたのはそれが、最後でした。僕はその後、木曽駒山頂に行き(12:30頃)、5〜6分後下山開始で、中岳、乗越浄土、千畳敷と戻りました。千畳敷着が13:57でした。
下りは乗越浄土から少し下りたところで、登って行かれる男性2人のパーティーとすれ違いましたが、その方は山頂まで行かれたかどうかはわかりません。 以上です。
上記の内容はすべて、駒ヶ根警察署の担当の方に話してあります。
何かあれば、連絡してください。

ご無事を願うばかりです。
| 高市 圭三 | 2016/12/12 16:48 |
 このたびは大変心配されていることと存じます。出来る限りの協力をいたします。
 このHPで情報提供を呼びかけさせていただきます。よろしければ、公表してもよい情報(容姿、服装、装備などの特徴がわかればいいのですが)を、「助言進言質問」コーナーよりメールで送信してください。
| 事務局 | 2016/12/10 20:11 |
前略 りんどう山の会御中
12月9日付けの木曽駒遭難記事ですが、私の知人の知り合いらしく、情報提供を呼びかけられないかと相談を受けました。ネットで調べましたら貴会の記事を読ませていただき、急いでいましたので無断でfacebookに転載させていただきました。すみません。まずければ削除しますので連絡ください。または、または、貴会であらためて情報提供を呼び掛けていただけるとありがたいのですが無理でしたら結構です。

| 大久保善平 | 2016/12/10 13:07 |
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):