本日 2059 人 - 昨日 3326 人 - 累計 2993890 人
  • 記事検索

RSS

中央遭対協が「冬山登山の警告」

 山岳遭難対策中央協議会が、「冬山遭難の警告」を発表した。

 中央協議会が発表した「冬山遭難の警告」として、「冬山は十分な体力、装備、計画を!」と強調している。

 この警告は、平成28年12月1日付けで次のとおり発表となっている。是非一読願いたい。
 ★冬山登山の警告

 なお、山岳遭難対策中央協議会は、関係省庁、日山協、日体協などでつくる、山岳遭難防止のための中央組織である。
 幹事省庁は、スポーツ庁といなっている。


関連記事
八方尾根ゴンドラから転落死 (11月06日)
さようなら「アルプス」ありがとう「アルプス」 (03月19日)
64年前の遭難者の遺体発見 (08月01日)
北ア笠ヶ岳で男性遭難か (07月01日)
富士山安全誘導員死亡 (07月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):