本日 870 人 - 昨日 3283 人 - 累計 1536151 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

中央遭対協が「冬山登山の警告」

 山岳遭難対策中央協議会が、「冬山遭難の警告」を発表した。

 中央協議会が発表した「冬山遭難の警告」として、「冬山は十分な体力、装備、計画を!」と強調している。

 この警告は、平成28年12月1日付けで次のとおり発表となっている。是非一読願いたい。
 ★冬山登山の警告

 なお、山岳遭難対策中央協議会は、関係省庁、日山協、日体協などでつくる、山岳遭難防止のための中央組織である。
 幹事省庁は、スポーツ庁といなっている。


関連記事
八ヶ岳連峰天狗岳で低体温症で死亡 (12月29日)
北ア屏風岩で宙づり (11月03日)
鹿島槍ヶ岳で滑落遭難 (03月28日)
北ア剱岳で高齢男性不明に (10月04日)
神楽ケ峰で遭難の外国人8人無事 (02月01日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):