本日 2505 人 - 昨日 3095 人 - 累計 1746622 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

冬期槍穂の通話環境は厳しい

画像 山ではドコモと言われるが、槍ヶ岳、穂高連峰は季節によって通話環境が変わるかもしれないので注意が必要だ。

 あれっ、夏は通じたのに冬は通じないの、ということもあるかもしれない。

 信州の山岳のように山が連なって、複雑な地形の場所では携帯の電波も届きにくいという。

 ドコモでは、このような地形の槍穂高エリアでは、登山シーズン限定基地局を設置している。

 槍穂エリアのための限定基地局は、常念岳と横通岳の鞍部に設置されている。これにより槍穂での通話環境も改善されるわけだ。

 しかし保守の問題等もあり、冬期は撤去されてしまう。そのため、夏期とは通話環境が変わってしまうことになる。十分注意してほしい。

 毎回、ヘリを使って、基地局の設置と撤去を繰り返すドコモはさすがだ。山ではドコモと言われる所以だろう。


 ※写真はドコモFBより


関連記事
谷川岳西黒尾根ガリガリで危険 (03月23日)
信州山岳ロープウェイ・ラリー (05月13日)
北アルプスパノラマ銀座 (03月13日)
「岩小屋」とは (07月06日)
今週も山は雨 (09月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):