本日 114 人 - 昨日 1853 人 - 累計 1882281 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

石焼らーめん火山

画像 火山のマグマを連想させるラーメン、それが「火山」の石焼らーめんだ。本当に火傷に注意、石鍋のぶつぶつ煮立つスープは要注意だ。

 「石焼らーめん火山」の名物は何と言っても、石焼らーめんである。

 冷え込んだ体を温めるにはもってこいの一品かもしれない。

 石焼ラーメンは、320℃に熱せられた石鍋に、スープが注がれるとぶつぶつ煮だって正に火山のマグマを連想させる。
 石焼ラーメンは、食べ終わるまでアツアツのため、猫舌の方はちょっと厳しいかもしれない。

 試行錯誤で生みだしたと言う石焼らーめんだが、いろんなラーメンがあるものだ。
 写真は、完熟味噌ラーメン900円。是非、一度は食べてみる価値がある。

画像 食べ方は、右の写真のチラシのとおり。

画像 麵が運ばれて来るときは、器にスープが入っていない。客の目の前でスープを注ぐのだ。






画像 スープが煮だって飛び散るので、チラシの紙で防御する。少し待ってから食べる。決して器に口をつけてはいけない。





 
画像 「石焼らーめん火山」は、関東東北地方に20店舗を展開するラーメンチェーンである。今回お邪魔したのは、群馬県高崎市の上小塙店。


関連記事
菅平のグルメは「焼きカレー」 (02月08日)
上田城下の五目焼きそば「福昇亭」 (11月29日)
ラッキー食堂「まとや」 (06月19日)
ザ・スパイシーの「オムカレー」 (06月23日)
住吉のうな重 (03月10日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):