本日 1128 人 - 昨日 2294 人 - 累計 2204508 人
  • 記事検索

RSS

冬山遭難は登山歴5年以下の者

 冬山で遭難した人は、登山歴が5年以下の比較的経験の浅い人だという。

 先週、毎日新聞にこんな記事が掲載されました。

 「長野 県山岳センターなど調査 登山歴、5年以下が6割」

 これは、長野県山岳総合センターとNPO法人日本雪崩ネットワークの調査でわかったという。

 長野県警の遭難統計と遭難者へのアンケートによりわかったようで、それによると

◇冬山の遭難者は、積雪期の登山歴が5年以下の人が6割弱

◇原因は「判断ミス」と答えた人が53%で最多、「リスク認識不足」が36%、「経験不足」が32%と続いたようです。

 当然ですが、やはり経験の浅い人は注意しなければいけません。もちろん単独行でなく、ベテランと一緒に入山しましょう。
 そして、技術、知識を吸収すべきでしょう。


関連記事
キノコ採りで高齢夫婦遭難夫は死亡妻不明 (10月01日)
信州の夏山遭難5年で最低 (09月06日)
穂高の沢で釣り人不明に (04月23日)
屏風岩で滑落男性が宙吊りに (07月30日)
秋の北ア高齢男性二人遭難 (09月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):