本日 367 人 - 昨日 2767 人 - 累計 1755178 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

明日から冬型の気圧配置

 22日から冬型の気圧配置になり、24日にかけて雪が降りそうです。

 長野地方気象台によると、

 22日は、はじめ低気圧や前線の影響を受けるが、次第に冬型の気圧配置となる見込み。
 このため、北部では曇りで、昼過ぎから夕方は晴れるが、夜には雨か雪の降る所がある。

 中部と南部では曇りで、昼前から夕方は晴れるが、中部では夜遅くに雨の降る所があるという。

 なんとも早い本格的な雪となるのか。とりあえず除雪体制は整い、冬用タイヤも早着済みだ。来るなら来いと言ったところ。

 首都圏も降雪の予報が出ている。天も昨年の分を取り戻そうとしているわけではないだろうが。


関連記事
噴火警戒レベル判定基準公表 (03月26日)
非常口マークは世界共通 (11月13日)
浅間山の昭和の大噴火 (08月09日)
雪未だ降り止やまず 警報発令中 (02月20日)
霧島山噴火警戒レベル3に引き上げ (10月13日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):