本日 3411 人 - 昨日 4259 人 - 累計 1531535 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

夫婦遭難の英彦山が国史跡に

 先日、60代の夫婦が遭難した英彦山が、国の史跡に指定するよう答申があった。

 国の文化審議会は18日、福岡県と大分県に跨る「英彦山」を国の史跡に指定するよう答申した。

 英彦山は、日本を代表する山岳信仰の遺跡で、修験、仏教、神道を考えることで重要だとして評価されたもの。

 英彦山は、標高1,199m足らずの山で、南岳、北岳、中岳の3峰があるというが、信州にいると全く知らない山です。

 信州で千メートルの山では、山と認められるかどうか。山にはそれぞれの価値があるということです。
 


関連記事
荒船山登山道は通行止 (05月28日)
長野県警ザイテン遭難多発で注意喚起 (09月17日)
国天然記念物「鬼岩」にハーケン (06月20日)
今年も岳都・松本「山岳フォーラム」 (11月07日)
八方尾根スキー講習を開催 (03月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):