本日 396 人 - 昨日 2667 人 - 累計 3370672 人
  • 記事検索

RSS

英彦山で夫婦が遭難

 福岡県と大分県にまたがる英彦山で、60代の夫婦が遭難しましたが、無事救助されました。

 NHK NEWS WEBによると、

 11月16日、福岡県と大分県にまたがる英彦山に山登りに出かけたまま、連絡が取れなくなっていた大分市の60代の夫婦が17日昼すぎ、付近の山の中で見つかり、無事、救助されましたという。

 夫婦は、「道に迷った」と話しているということで、警察が詳しいいきさつを調べている。

 救助されたのは、大分市の、ともに67歳の夫婦。

 警察によると、夫婦は16日朝、福岡県添田町の旅館を出て、福岡県と大分県にまたがる標高およそ1200mの英彦山に山登りに出かけたが、夜になっても旅館に戻らず、連絡が取れなくなっていたという。

 登山の出発地点と見られる福岡県東峰村の行者杉付近の駐車場で、夫婦の車が見つかったため、警察と消防が、山で遭難したおそれもあると見て、捜索したところ、17日午後1時前、周辺の山の中で夫婦が見つかり、救助されたようだ。

 警察によると、2人にけがはないという。

 どんな低い山でも、遭難は発生します。むしろ、里山の方が見通しが効かないため道に迷い場合もある。

 今回の夫婦は無事救助されましたが、夫婦で遭難した場合、助かる割合が高い気がする。これは夫婦愛でしょうか。


関連記事
GW山岳遭難死者過去2番目の多さ (05月14日)
7月の遭難43件で平年並み (08月03日)
〔教訓〕富士山大規模落石事故 (08月14日)
救助活動中の男性死亡で賠償命令 (12月01日)
吾妻連峰の大量遭難から23年 (02月11日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):