本日 2237 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2758126 人
  • 記事検索

RSS

雲に囲まれた大菩薩峠

大菩薩峠4772 大菩薩峠は眺望のよい場所である。しかし、時には雲に囲まれることもある。





大菩薩嶺4813 日本百名山の「大菩薩嶺」(だいぼさつれい)は、都心から日帰りができ、眺望がよく、二千メートルの山と言うことで人気の山だ。

 深田久弥氏の「日本百名山」では、大菩薩岳(だいぼさつだけ)となっている。大菩薩峠が有名になったのは、中里介山の長編小説「大菩薩峠」が世に出てからのようだ。


福ちゃん荘4752 昭和40年代、赤軍派が軍事訓練を行った場所としても当時話題になった。(赤軍派が潜伏していた「福ちゃん荘」)


 深田氏によると、大正時代に初めて登った時は、人に会うこともなかったと言うから、今では信じられないことだ。



きつね4371 大菩薩峠と大菩薩嶺は昔は同じところを指していたというが、今、大菩薩嶺は大菩薩峠より40分も歩けば三角点のある大菩薩嶺2,057mに到達する。
(嶺手前の「雷岩」付近で、キツネが歓迎してくれた)




尾根歩き4787 途中、滑落するような場所もなく、樹木のない尾根を爽快に歩ける場所である。
 ただ、大菩薩嶺はまったく眺望が効かない。百名山では苗場山以下である。




介山荘4780 やはりこの山の人気は、気軽に登れる登山入門的な山であること。女性にとっては、山小屋が多いのも良いのではないか。
(峠にある「介山荘」、小説の作者中里介山からとったのだろう)
 峠からの尾根歩きは爽快なのだが、雲に囲まれ眺望がなくてはこの山の魅力は半減してしまう。
 ただ今日の天気予報は降水確率0%だった。雲の動きまでは読めないということ。
 また、次回の楽しみとしよう。


関連記事
心して登れ「京ヶ倉」 (11月09日)
孤高の山「鳥甲山」を踏破 (09月14日)
飯綱山から戸隠へ下る (05月10日)
焼額山山頂は静かな雪原が広がる (03月03日)
雪のない針ノ木雪渓を行く (09月22日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):