本日 2685 人 - 昨日 4120 人 - 累計 2776458 人
  • 記事検索

RSS

妙義山で男性滑落し重傷

 群馬県の妙義山で、千葉県の男性が滑落し重傷を負いました。 

 産経ニュースによると、

 11月6日午前10時55分ごろ、群馬県下仁田町の妙義山・星穴岳(標高1073m)で、千葉県の69歳の男性が滑落し、右足首を骨折するなどの重傷を負った。

 群馬県警富岡署によると、男性は登山歴約40年で、同じ山岳会のメンバー3人で日帰り登山に来ていた。「頂上からザイルを使用し下りていたところ滑落した」と、自分で110番通報した。同署が原因を調べている。

 ザイルで下降中に滑落とは、何かあったのでしょうか。原因がわかったら教えてほしいものです。


 妙義山では、今年6月、中之岳で男性が滑落し亡くなっているほか重傷事故も発生している。


関連記事
山岳遭難から生還した男性の実話 (06月01日)
前穂高岳でハーケンが抜け滑落 (02月27日)
求む情報提供 南ア奥茶臼で男性不明 (08月28日)
高山村でまた遭難発生 (06月20日)
山形県飯豊山の山スキーで死亡 (05月05日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):