本日 166 人 - 昨日 3202 人 - 累計 1665655 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

秋の信越トレイルを歩く

画像 紅葉色づく「信越トレイル」セクション3を歩いてきました。北信濃の短い秋の楽しみ方ですが、冬はもうすぐそこです。





画像 「信越トレイル」は、長野県飯山市の斑尾山から新潟県天水山までの全長キロにもおよぶ日本屈指のロングトレイルだ。

 昨年、セクション1、2を連続踏破し、今年はセクション3に挑んだ。
 (昨年のセクション1・2の様子はこちら ★晩秋の信越トレイルへ歩き出す

 セクション3は、飯山市涌井から富倉峠を越え、黒岩山、桂池、仏ヶ峰登山口までの12.7キロのコース。10月22日8時スタート。

 画像標高差は375mで、アップダウンもあまりなく比較的歩きやすいコースだ。コースは、林道歩きが多く、整備も行き届いている。コース後半に滑りやすい場所もあるので注意が必要、最後が急登になるのがちょっといやらしい。




画像画像 前半は針葉樹が多く紅葉も今一だが、富倉峠からの飯山の眺望は見事だ。峠の分岐道には、往時をしのぶ苔に覆われた石垣が今も残る。




画像 色づく黒岩山山中から桂池に出ると、桂池の紅葉が迎えてくれる。最盛期には、水面に映る紅葉が見事な事だろう。

 このルートは、クリ、クヌギ、ブナも多く、熊の食卓と言ったところ。古木の根元には、天然のクリタケが出ているが、採る者もいない。



画像 スタートから四時間半余りで、セクション3の終点、戸狩スキー場の上部「仏ヶ峰登山口」に12時40分に到着。正味四時間弱と言ったところ。

 戸狩スキー場のゲレンデに腰を下ろし、やっと昼食となる。

 とても気持ちの良い景色で、正面は野沢温泉スキー場のある毛無山である。冬も眺望がいいのではないか。今シーズン滑りにきてみよう。

 下山後、デポしておいた車でスタート地点に戻る。二人ならこれができるからいい。
 飯山市街に入り、お決まりのパティスリー「ヒラノ」のプリンを買って土産とする。



 蛇足

 帰宅後、家庭菜園の手入れをする時間も十分あり、一球300円のレタスは買えませんから、自家栽培でもしないことには、山の小遣いはできませんね。


関連記事
苗場の天狗の庭の草紅葉 (10月15日)
志賀高原寺小屋峰で滑る (02月29日)
現役バリバリにやっと付いていきました (07月19日)
ぶらり山歩は「笠岳」 (05月24日)
晩秋の黒姫と池巡り (10月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):