本日 256 人 - 昨日 2429 人 - 累計 1968372 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

島根県部長の生還劇

 生還した島根県の土木部長は、どうして生き延びたのか。その一部始終がわかった。

 島根県の土木部長のTさんは、10月8日、奈良県南部の弥山(標高1895m)山へ単独で入山。

 10月9日、帰りの飛行機に間に合わせるため下山を急いだ。

 雨が降っていて視界が悪く道に迷ったが、さらに急いだ。
 そのうち崖に転落し動けなくなった。
 (この時、胸の骨を折ったと思われる。)

 崖下で、近くの泉の水を飲み救助を待った。食べるものはなかった。

 待っていても救助が来ないため、崖を上り返すことを決断。

 10月22日、登山道まで這い上がったところを、通りかかった登山者に発見される。


 まさに奇跡的な生還劇であった。食べ物がなくても、水があったことが生還への条件だったのだろう。


関連記事
八ヶ岳で道迷い遭難発生 (11月20日)
積丹岳遭難救助事故裁判の弁護士の主張 (12月25日)
不明の早大山岳部OB見つかる (06月14日)
信州7月の遭難44件7名死亡 (08月04日)
経ヶ岳で男性死亡 (10月14日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):