本日 2854 人 - 昨日 3387 人 - 累計 1644412 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

2週間前に遭難の島根県部長を救助

 10月9日から行方不明となっていた島根県の土木部長が、13日ぶりに発見救助された。
 命に別状はないと言う。

 凄いニュースが飛び込んできた。

 
 時事通信が配信したニュースは次のとおり


 遭難の島根県土木部長を発見=13日ぶり、命別条なし―奈良・弥山

 奈良県の大峰山系の弥山(1895m)へ登山に出掛け、9日朝から行方が分からなくなっていた島根県土木部長の冨樫さん(53)が22日、13日ぶりに弥山の登山道で見つかった。

 冨樫さんは自分で名前を名乗り、県警吉野署が身元を確認した。衰弱しており病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 冨樫さんは8日に1人で入山し、9日朝に山小屋を出た後、下山せず、県警や山岳救助隊が捜索していた。

 同署によると、冨樫さんは22日正午ごろ、自力で弥山の中腹の栃尾辻と呼ばれる地点へたどり着き、「遭難していて、はい上がってきた」と登山者に救助を求めた。
 連絡を受けた山小屋が通報した。発見時は登山用のかっぱを着ていた。


 以上 17:30時事通信


 2週間もの間、どのように生き延びたのか是非お話してほしいもの。


 報道はフルネームで住所表記がありますが、当ブログでは名字のみとしました。


関連記事
立山連峰の二人は救助 (05月01日)
尾瀬の遭難最悪ペース (11月01日)
阿弥陀岳女子高生滑落事故で新事実 (03月11日)
北ア1人不明1人死亡か (09月08日)
信州山岳緊急事態 遭難死者1日で3名 (08月08日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):