本日 1143 人 - 昨日 1853 人 - 累計 1883310 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

白馬岳新ルートを検討か

 北アルプスの白馬岳へ通じる新ルートの検討を始めることがわかった。

 今年は、雪不足による影響で、白馬大雪渓が危険なため現在は通行止めとなっている。

 今後も、雪不足などで大雪渓が通行止めになることが予想されるとし、長野県白馬村などは、大雪渓迂回ルートの検討を始めてるいると信濃毎日新聞が報じた。

 大雪渓が通行止めの場合、栂池高原から白馬乗鞍岳を経由するルートと、猿倉から白馬槍ヶ岳温泉を経由するルートがある。
 いずれもかなり遠回りとなることや、猿倉ルートは危険箇所もあり、今年も遭難事故が複数発生している。


関連記事
北アの遭難事故から学ぼう (06月22日)
聖岳登山道へ土砂流出し一時孤立 (08月13日)
富士山入山料徴収午前四時から (03月08日)
「山岳の環境保全及び適正利用の方針」決まる (03月09日)
今朝の信州冷え込む (09月30日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):