本日 261 人 - 昨日 2429 人 - 累計 1968377 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

秋田森吉山で7人遭難

 秋田県の森吉山で、茨城県の男女7人が遭難したとみられる。

 産経新聞によると、

9日午後7時10分ごろ、秋田県北秋田市の森吉山(標高1454メートル)を登山していた男女7人が到着しないと、宿泊予定だった山荘から110番があった。県警や消防が10日朝から捜索する。

 北秋田署によると、連絡が取れない7人が入山した地点に、土浦とつくばのナンバーを付けた車2台が止められたままになっていた。茨城県から来たグループとみて確認を急いでいる。

 北秋田署によると、7人は9日朝、宿泊していた別の山荘を出発。森吉山周辺で沢登りなどをした後、9日夕までに山荘に到着する予定だった。

 以上、産経ニュース2016.10.9 23:01配信記事


関連記事
中アで単独女性死亡 (07月18日)
槍ヶ岳で医学部教授が死亡 (05月31日)
検証 学習院大阿弥陀岳遭難事故① (11月14日)
御嶽山の捜索で1人の遺体見つかる (07月31日)
スキー遭難相次ぐ (01月06日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
[2] レスキュー | 2016/10/11 22:35
 登山計画書はどうなっていたのでしょうか?時間を要することが想定できるなら、そのような計画を提出すべきです。
 また、連絡手段をしっかり確保すべきです。無線をもっていなかったのでしょうか。
 ビバークでも消息不明となれば遭難とみなされるは当然でしょう。
[1] ニシタニ | 2016/10/11 18:33
危険を避けて 一晩のビバークが遭難扱い、というのがよく分かりません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):