本日 355 人 - 昨日 2513 人 - 累計 2471457 人
  • 記事検索

RSS

信州9月の山岳遭難10名死亡

 信州の山岳における9月の遭難件数は27件で、死者10名となりました。

 当会が、信州の山岳における9月の遭難状況を、長野県警の発表や報道された遭難を集計したところ、遭難件数が27件で死者が10名負傷者が14名だったことがわかった。

 9月は荒天のため、例年より入山者が少なかったと推測されるが、奥穂高岳ザイテングラートでの滑落が続発し、3名が命を落としたことが特異だった。

 南アルプスの鋸岳では、道に迷いビバークしていた男性が7日ぶりに無事救助された事案もあった。

 昨年の9月は、死者行方不明者が12人だったが、そのうち6人(今年は2人)はキノコ採りに関わるものだった。今年は、入山者が少ないが死亡事故が多いと言えるかもしれない。

 ただし、実際の遭難件数はもっと多いはずで実態は分からない。当会の集計はあくまでも警察や報道が把握したものだけである。

 当会の集計は次のリンクをクリックのこと。2016 9月信州山岳遭難事故まとめ.pdf


関連記事
富士山滑落事故 続報 (11月20日)
湯沢不明男性発見できず (01月12日)
北穂高岳でガイドが滑落重傷 (10月08日)
学校登山落雷事故から50年 (08月03日)
やはり宝剣岳で1名不明となっています (03月03日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):