本日 260 人 - 昨日 2429 人 - 累計 1968376 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

熊による被害多発 ご注意を!

画像 信州で熊に襲われる被害が相次いだ。3名が重軽傷。

 県の予測どおり、里山周辺に熊が出没しているようだ。
 ブナが不作と言う話もあったが、ブナ林の多い飯山市や栄村では、二人がクマに襲われケガをした。

 この1週間では、県内で3件の被害が確認され、3名が重軽傷を負った。


 10月4日(火)、飯山市では61歳の女性が、自宅に隣接する精米会社の敷地で後ろからクマに襲われた。
 
 女性に乗っている熊に、女性の夫が飛び乗り撃退したという。女性は頭などにケガを負ったという。
 熊は小熊と思われ2頭いたと言う。


 10月5日(水)、栄村では71歳の猟友会の男性が、檻にかかった熊を逃がす作業中に熊に襲われた。
 
 男性ら4人で、イノシシ駆除のために仕掛けた檻にかかり、熊を出そうとしたところ突然襲われ、男性は腕を噛まれ、右腕を骨折したという。


 10月8日(土)、大町市ではキノコ採りをしていた68歳の男性が、熊に襲われた。

 男性は、中綱湖東側の山中で1人でキノコ採りをしていて、熊に襲われ、顔や両腕に大けがを負った。

 
 その他、県内では熊の目撃情報が入っている。キノコ採りなどで里山への入山や山沿いの集落では、一層の熊の警戒が必要。
 大町市では、「クマ出没警戒警報」を出し、住民に警戒を呼びかけている。


関連記事
きのこ採りで熊に襲われる (08月07日)
雪崩で外国人二人心肺停止 竜王 (01月18日)
前穂落石事故の山岳会がコメント (05月26日)
剱岳で8月不明の女性見つかる (10月04日)
3月は雪崩遭難が多発した (04月02日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):