本日 1048 人 - 昨日 2091 人 - 累計 2206519 人
  • 記事検索

RSS

北海道で雪予報

 早くも北海道で、雪の予報が出ました。さて、本当に雪が降るのでしょうか。

 旭川地方気象台が5日16時39分に発表した天気予報によると、

 北海道付近は5日夜から6日朝にかけては気圧の谷の中で、その後低気圧は東へ遠ざかり、夜には気圧の傾きが大きくなり、上空には寒気が入るという。


 そして、標高の高い峠や山間部では、6日夜から7日にかけて雪が降り、積雪状態となるとの予報。

 室蘭地方気象台も、標高の高い峠や山間部では雪になるとの予報。

 これは十分注意しなければなりません。

 信州も他人事ではなく、三千メートル級の山ではいつ雪が降ってもおかしくない時期です。常に頭に入れて、判断を間違えないこと。


関連記事
志賀高原の紅葉の様子 (10月07日)
本格的な雪の朝 (11月24日)
今冬は晴れの日が多い (10月26日)
「中央アルプス 西駒んボッカ大会」開催 (04月23日)
信州随一の水中のしだれ桜 (04月25日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):