本日 194 人 - 昨日 3438 人 - 累計 3376372 人
  • 記事検索

RSS

1か月予報 前半気温高め

 関東甲信地方も1か月予報、期間の前半は気温がかなり高くなる。

 9月29日、気象庁が発表した関東甲信地方の向こう1カ月の予報は次のとおり

〈特に注意を要する事項〉

 期間の前半は、気温がかなり高くなる見込み。また、期間のはじめは、日照時間の少ない状態が続く見込み。


<予想される向こう1か月の天候>

 向こう1か月の出現の可能性が最も大きい天候と、特徴のある気温、降水量等の確率は以下のとおり。

 天気は数日の周期で変わるが、平年に比べ晴れの日が少ない。
 
 向こう1か月の平均気温は、高い確率60%。降水量は、平年並または多い確率ともに40%。
 日照時間は、平年並または少ない確率ともに40%。

 週別の気温は、1週目(10/1-10/7)は、高い確率80%。
 2週目(10/8-10/14)は、平年並または高い確率ともに40%。
3~4週目(10/15-10/28)は、平年並または高い確率ともに40%。


 
 気温高く、降水量多いとなるとジメジメでしょうか。来週中盤の3日から5日の中部地方は、台風第18号の影響をもろに受けそうです。
 山は諦めた方が良さそうですね。


 信州の週間予報によると、明後日8日日曜日と来週7日金曜日には晴れマークがあります。
 日曜日に無理して入山しないでください。翌日は天気が悪い予報です。ヘリコプターは飛べませんよ。


関連記事
続:未だ飯田を動けず (02月15日)
新潟焼山半径1キロ立入禁止に (03月02日)
大震災 宮城県岩沼市は今 (10月01日)
長野でまた大規模火災 (04月07日)
口永良部噴火 犠牲者0の影に消防団が (06月08日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):