本日 2090 人 - 昨日 3326 人 - 累計 2993921 人
  • 記事検索

RSS

剱岳で京都の男性死亡

 北ア剣岳で、京都府の男性が亡くなりました。

 北アルプスの剱岳で、倒れている男性が別の男性に発見されたが、その後死亡が確認された。

 
 産経新聞によると、

 27日午前8時40分頃、富山県の北アルプス剣岳(2999m)の標高約2900m地点の斜面で、男性が倒れているのを登山客が見つけ、山小屋を通じて県警上市署に連絡した。

 県警のヘリコプターが男性を救助したが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 上市署によると、男性は京都府の男性51歳で、死因は、胸を強く打ったことによる緊張性気胸。

 登山道から数十メートル下に倒れており、誤って滑落したとみられる。

 平野さんは24日に1人で入山し、26日に下山予定だった。


 
 以上、産経新聞より。なお、報道は実名ですが、当ブログでは匿名としました。


 男性のご冥福をお祈りします。


関連記事
阿弥陀岳遭難で早大学生部長がコメント (02月12日)
三連休の信州山岳遭難まとめ (03月23日)
北ア剱岳で高齢男性不明に (10月04日)
立山で雪崩大学生死亡 (11月29日)
甲斐駒ケ岳で二人死亡 (04月19日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):